更年期と女性ホルモンの関係

更年期と女性ホルモンの関係

女性ホルモンの低下が更年期を運んでくる。

女性なら誰もが通る更年期。でも日々の生活を見直し、少し工夫をするだけでつらい症状を緩和したり、予防することができるというのです。

何となくやる気が出ない、いらいらする、涙もろい、眠れない……、 人それぞれさまざまな症状が出てくる更年期。

かつては原因がはっきり と分からなかったからか、「怠けているからだ」「気持ちの持ちよう」などと揶揄されてきましたが、それは違います。更年期の症状には、れっきとした理由があります。

更年期をのりきる秘訣は、ホルモンコントロールにあります。

その要因は、女性ホルモンの低下にあります。女性ホルモンとは、卵巣から分泌され、妊娠、出産という大 業を成し遂げるために重要な役割を果たすホルモンです。

また同時に、女性の若さを守り、多様な健康トラブルを回避してくれるパワーの持ち主です。

女性が男性より寿命が長いのは、 女性ホルモンが生命機能を守ってくれているからとはいえ、女性ホルモンが一生涯、 分泌されるわけではありません。

20代に分泌のピークを迎えると、 30代後半からは右肩下がりになります。

そして40代から50代にかけて女性ホルモンは一気に低下します。

すると、体を守ってくれていた機能も減退し、 それがさまざまな更年期症状を引き起こすことになります。

残念ながら、女性ホルモンの低下を止めることはできません。

大切なのは、減少のスピードを緩やかにすることなんです。

お客様の声

私にはマカがあっているのかなと しばらく、続けてみようと思います。

東京都世田谷区 匿名希望 46歳

以前、妊活時にマカサポートデラックスを買っていました。 その当時は、まだ30代半ば、生理不順でなかなか妊娠できず色々試しました。

病院に行ってピルもらったり大豆製品を摂る努力をしたりと、最後にマカサポートデラックスに出会い、 購入、飲み始めて3ヵ月ぐらいだったかな、生理も整って、妊娠できました。

あのときは本当にうれしかったです。 今娘も8歳になります。 最近になって、更年期の症状が気になりだしました。

ローヤルゼリーのサプリメントをずっと飲んでいたのですが、効果が感じられなかったので 一層のこと、お世話になったこちらのマカサポートデラックスを飲んでみようと思い再び購入しました。

おかげで助かっています。肩が痛すぎて、体が異様にだる重かった日があって仕事を休もうかと思ったけど、これを飲んだらウソかと思うくらい楽になったので出勤できました。

しかも、何か気持ちが前向きになってる。 マカは妊活サプリメントだったのでどうなるかと思いましたが 今回の更年期の症状にも、どうやら合った模様。

私にはマカがあっているのかなと しばらく、続けてみようと思います。ここまで効くとは思わなかったです。

更年期のホルモンコントロールにマカサポートデラックス

マカに豊富に含まれるカルシウム、 鉄、銅などの各種ミネラル、アミノ酸の相乗効果によって、ホルモンバランスを整えます。

マカサポートデラックスはペルー原産の最高品質の天然のマカを100%使用しています。 体に優しく、成分豊富なマカサポートデラックスをぜひお試し下さい。

日々の食事を見直すことが、つらい不調を解消する第一歩!

ホルモン療法などの手段 もありますが、誰にでもすぐできる のは食生活を見直すこと。

必要な栄養を補えば症状を和らげたり、予防 することも不可能ではありません。まずは女性ホルモンの働きととも に、有効な栄養や食材を紹介します。

女性ホルモンによって体が守られている

更年期を穏やかにのりきるカギは、エストロゲン

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類がありますが、更年期において注目したいのは前者。

エストロゲンは女性らしさを作るホルモン。多様な働きの持ち主で、心と体を元気にしてくれます。

更年期を健やかにのりきるためには、このエストロゲンの分泌を助け、減少をゆるやかにすることが何より大切なのです。

エストロゲンの働き

妊娠できる体を準備する。

皮膚のハリや弾力を保つ。

髪の毛の成長を促す。

精神状態を安定させ、すっきりとした気分にさせる。

脳細胞の機能を維持する

骨の健康を維持する。

心臓・血管系の病気にかかりにくくする。

健康トラブルを寄せつけない女性ホルモンの威力。

女性ホルモンは、心臓や 血管、骨など、多様な臓器の機能を高め、病気の予防にもひと役買うほどの威力を持ちます。

エストロゲンが分泌されている女性は、動脈硬化や心筋梗塞、 がんなどの生活習慣病になる割合や、死亡率が低いんです。

昨今の研究では、エストロゲ ンが脳に働きかけて、アルツハイマー病を予防する効果もあるといわれています。

精神的不安はなぜ起きる?ホルモンバランスと自律神経の深い関係。

女性ホルモンを分泌するのは卵巣ですが、その指令を出すのは脳の視床下部と脳下垂体です。

実は、体温調節や発汗などをコ ントロールする自律神経を司っているのもこですこ。

つまりホルモンバランスが崩れると、自律神経のバランスもおのずと崩れることになります。

ホットフラッシュやのぼせ、 不安感や不眠、物忘れなどの症状が起きるのはそのためです。

女性ホルモンの低下が、老化を招く

もちろん、若々しさを維持で きるのもエストロゲンのおかげです。

女性ホルモンが低下すると、 体内環境のバランスが崩れ、結果として老化が進みます。

たとえば皮膚や粘膜が弱くなるのもそうです。

乾燥して肌の弾力や艶がなくなり、しわやシミ、たるみが生じるんです。

更年期の不調を解消すること は回時に、いつまでもきれいで いるためのアンチエイジングにもつながります。

更年期を迎えるとメタボ急増り‥コレステロール値が高くなるワケ。

女性ホルモンの減少と反比例するように、中性脂肪やコレステロールは増加します。

その一番の理由は、エストロゲンの材料がコレステロールだからです。

更年期になってエストロゲンが作れなくなると、体内のコレステロールが余ってしまい、 体に蓄積されることにります。

もちろん年齢とともに代謝も落ちます。

食事を見直さなければ 肥満へまっしぐらかも。