男性の更年期

男性 更年期

実は男性にも「更年期」があります

夫が以前に比べてイライラしてい 夫て衝突が増えた、無気力になって話を聞いてくれなくなった、疲れた と言って不機嫌な顔ばかりしている…。

夫の様子が明らかに違ってきたら、夫の更年期も疑ってみるといいかもしれません。

加齢とともに気力や体力が落ちるのは自然なことですが、「明らかに以前と違う」と妻が感じるなら、急 激に男性ホルモンが低下したために不調に陥っている可能性があります。

女性の更年期は、閉経前後に女性ホルモン(エストロゲン)が急減するた めにさまざまな症状が出ますが、男性は閉経がないため、20代以降、なだらかに男性ホルモン(テストステロン)が減っていきます。

そのため、通常は強い症状を感じることはありません。

ところが、何かストレスがあると男性 ホルモンがガクンと減り、その環境変化に体のシステムがついてゆけず、心身の不調が出やすくなるのです。

お客様の声

新婚時代のように明るい家庭となりました。

神奈川県川崎市 匿名希望 58歳

私は神経質なのか仕事や人間関係で悩みがあると、夜なかなか寝つけません。

その結果目覚めも悪く、いつもだるいような無気力な状態になる事が多くつい家内にあたる事が日常的で、夫婦間で笑顔で話すことはほとんど無い生活が続いていました。

友人にホルモンバランスや滋養強壮に良いとマカサポートデラックスを勧められ、気休め程度と思い服用を始めましたが、なんとこれがすごい私の体質に合っていたのか集中力や気力の充実が自分でも意識でき、夜は驚くほど熟睡でき早起きも苦にならず今では、私にこんな体力ややる気が残っていたのかとビックリ  今は家内にもやさしい言葉や気遣いが自然とできるようになり新婚時代のように明るい家庭となりました。

ホルモン補充療法で症状やEDが改善

症状は、ホットフラッシュや疲れ、 肩凝り、耳鳴りなど、女性の更年期と非常によく似ています。

また、集中力の低下、うつっぽい、イライラして訳もなく怒りが込み上げてくる、不安感が強いなど精神面での変化も。

男性の更年期の精神症状はうつと大変よく似ていま す。

明らかに気力がない感じで、何をしても楽しくない、イライラするという人が約7割。

最初は心療内科にかかり、抗うつ薬をのんでも症状が改善せず、いろいろ調べてようやく男性更年期を疑って受診する人が約4割います。

では、どのように、診断するのでしょう。まずは、問診で今つらいことなどを聞き、血液検査をします。

テス トステロンの値が8.5pg/ml未満なら男性更年期を疑い、ホルモン補充療法が選択肢に。

それでつらい症状が楽になれば、男性更年期と診断がつきます。

発症時期は30代後半から70代までと幅広いため、ほぼ時期が決まっている女性に比べて自覚しにくいそうです。

ED(勃起障害)になる人も多く、それで余計に男性は自信を失いがちです。

EDのみの治療目的で受診する 人はごく少数ですが、男性ホルモンの投与でつらい症状とともに性的な悩みも改善して、結果的に夫婦関係が好転した例もあります。

症状がつらい 場合は、近くの泌尿器科に問い合わせ、 男性更年期に詳しい施設を紹介してもらい、希望の治療法を行っているか確認をしましょう。

ストレス性の男性不妊にお勧めのマカ

男性の不妊の原因としては、勃起不全などの性交障害や、精子の数が少なかったり精子の異常で運動量が足りなかったりするために受精できないなどのケースがあります。

マカに含まれるアルカロイドやデキストリンなどのホルモン活性物質には、これらの原因を改善するすぐれた効能があります。

まずアルカロイドには、ストレス性勃起不全の症状を改善する作用があります。

ある統計によれば、現在、40代後半の男性の20%、50代後半の男性の50%が勃起不全、を訴えています。

その比率はひと昔前よりも高く、しかも年々、増加する傾向にあります。

若い男性にも勃起不全が増えています。その理由は、ストレスにあります。

ストレス過多の生活環境が大脳を疲れさせ・勃起中枢のはたらきを低下させているのです。

マカを飲んでアルカロイドをとると、過敏になった神経がしずまるので大脳中枢の疲労がとりされられ、勃起が正常に起こるようになります。

また、デキストリンには、ペニスヘの血液の流入を活発にする作用があります。

したがって、血液の流入を促進すれば、勃起不全は解消されます。